ファンデーションがまだらになってしまう方

今日も【ゼノア 公式ブログ】を読んでくださりありがとうございます!

ゼノア ビューティアドバイザーの湯本です。

 

ファンデーションを塗る時、まだらになってしまったり、ムラができやすかったり、
あまりキレイに仕上がらないな…って思う時ありませんか?

 

ファンデーションがキレイに仕上がらないというのは、キメの乱れ」のサインです!

 

「キメ」というのは、皮膚表面の細かい溝(皮溝)と、
溝に囲まれて丘のように高くなっている部分(皮丘)、
そして皮溝が交差しているところの毛穴部分を指して「キメ」と言われています。

皮丘の部分が「角質」と呼ばれているところです。

その「角質」が厚く、かたくなったりすると
ファンデーション
がキレイにのらない
のです。

 

ファンデーションをムラなくキレイに塗りたいのであれば、
厚くかたくなった角質をケアしなければいけません。

 

では、どのように角質をケアしていけばいいかというと!

 

ゼノアでは「パック」を使ってケアします!!

 

パックの主成分は速乾性のある粘土!!
この粘土が古い角質を吸着して剥離します!

 

パックには「ソフトパック」と「ハイパック」がありますが、
初めてパックをされるならまずは「ソフトパック」からはじめてください!

 

頻度は初めは週1回から!
慣れたら週2~3回くらいするとキレイな肌をキープでき、ファンデーションもまだらになりませんよ!

 

シミやくすみ、吹き出物のお悩みの方もおすすめです!!

 

ゼノアの剥離パックでつるんな素肌を手に入れてくださいね!

 

ゼノアのソフトパックはこちら

ゼノアのハイパックはこちら

 

あわせて読みたい