10代からメイク落としを常用すると重大なことに!?

 

先日、お友達家族とバーベキューをした時に、

10代(まだ中学生)のお子さんとお話しする機会があったので、

いろいろと中学生のメイク事情を聞いてみました。

 

憧れのメイクは「藤田ニコルちゃん」

 

なんだそう。

 

メイクには憧れるけれど、していないと答えていました。

 

でも、お友達の中にはメイクしている子もいるみたいで、

メイク落としはもちろん、スキンケアもしているとか。

 

中学生くらいの思春期とよばれる時期は、

こどもの肌から大人の肌に急成長する時です。

 

男の子は皮脂が多いので、男らしく固い皮膚になり、

女の子は皮脂がやや少ないので、男の子ほど固くなりません。

 

こうして男女共に皮脂の分泌量が増え、

角質層という皮膚の壁を厚くして丈夫にする期間なので、

とても大切な期間なのです。

 

メイクをすると、

メイクの汚れを落とすのにクレンジングを使うと思いますが、

 

メイクになじませて簡単に水で洗い流せるタイプは、

台所洗剤と同じで油汚れを根こそぎ落としてしまうので、

 

お肌の成長に必要な「皮脂」を奪ってしまい、

将来の丈夫なお肌が作れなくなる可能性もあるでしょう。

 

メイクもできれば、

特別な時以外は常用しないで欲しいところですが・・・、

 

どうしてもメイクをしたい場合は、

せめてクレンジングは洗い流すタイプではない、

昔ながらの「コールドクリーム」を使って欲しいと思います。

コールドクリームクラシック320①サブ

油汚れは根こそぎ洗い流さなくても、

油は油になじませてふき取って落とすことができますよ!

 

その方がお肌にやさしいし、何より将来のお肌を守ることができます。

 

*洗い流さないコールドクリームはこちら

 

あわせて読みたい