顔の乾燥はクリームの保湿力より足りない栄養素

 

肌が乾燥すると、

「保湿力が足りない!」と思って、

より高価な化粧品を購入する方が、いらっしゃるかもしれません。

 

ただ、いくら高価な化粧品の保湿力に頼っても、

肌が改善しない場合の方が多いと思います。

 

なぜなら・・・

 

肌の角質のキメを整える「栄養素」が、

足りていない可能性があるからです。

肌のコンディションは、

いくら化粧品で整えようとしても、解決できません!

 

肌は、食べるものでできているからです。

 

乾燥肌だけでなく、ニキビができやすい人、

化粧品にかぶれやすい人も、

 

症状は違いますが、

同じ栄養素が足りていないことが考えられます。

 

その栄養とは!

まず、「ビタミンA」です。

 

「ビタミンA」は、

皮膚表面の角質化を促進し、角質の形成に貢献しています。

 

角質のキメが細かいと、皮膚のバリアも丈夫で、

健康的な肌を保つことができます。

一方、角質が正常に形成されていないと、

乾燥肌になりやすく、

皮脂の排泄孔である毛穴が塞がると、ニキビになることもあります。

 

もちろん、「ビタミンA」だけを摂ればいいという訳ではありません。

 

「ビタミンB1&B2」は、うるおいのある皮膚を保ちますし、

 

「ビタミンC」は、コラーゲンの生成やメラニンの合成を抑制、

皮脂の分泌に関わる副腎皮質ホルモンの働きを助けるなど、

皮膚全体をつくる重要な役割を担っています。

 

また、「カルシウム」は、ホルモン分泌を支え、

カラダの細胞分裂を調整してくれる働きがあり、

肌の新陳代謝にも、重要な栄養素です。

 

毎日の美肌づくりには、

ぜひ、食事内容にも気をつけてみてくださいね ( *’▽’)☆

 

*美人をつくる栄養素「ビタミンC」は毎日お茶で摂り入れる!

「ゼノア 柿の葉のお茶」こちら

 

 

 

あわせて読みたい