クリームファンデーションのメイク直しは〇〇で簡単キレイ!!

 

今日も【ゼノア 公式ブログ】を読んでくださりありがとうございます!

 

 

サンスクリーンファンデーション

カバーファンデーションメイク直しは、

どのようにしたらよいのでしょうか?」

 

というご質問をお客様から頂きましたので、

その回答をブログにて、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

まず、ゼノアのクリームファンデーションですが、

最初から「かため」につくられていますので、

崩れにくいのが特長です。

 

ただ、春から夏にかけて気温が上がってくると、

Tゾーンの部分が崩れやすくなる場合があるんですね (;・∀・) 。

 

もしも、崩れたところが気になるのであれば・・・、

 

「清潔な指で崩れたところを押さえて

肌に馴染ませてください。」

 

「そして、

フェイシャルパウダー

で、軽く押さえてください。」

いつも、このようにお伝えしています。

 

ですから、今回のタイトルの〇〇には、

「ゆび」という言葉が入ります!

 

「なぜ、『あぶらとり紙』や『ティッシュオフ』ではないのか?」

 

皮脂は取られてしまうと、

逆に皮脂を出しやすい(崩れやすい)状況をつくってしまう

ということは、ご存じですか?

 

皮脂を取ってしまうと、さらに崩れやすい状況に陥ったり、

皮脂が出にくい方なら、肌が乾燥して老化に繋がってしまうこともあります。

 

だから、私は断然!!

皮脂は、残したままにした方がいいと思っています!!

 

そして、肝心の仕上がりについてですが、

こちらもやはり、「指で馴染ませる」方がキレイに仕上がります。

 

今まで「指」以外の方法で、メイクを直されていた方は、

ぜひ、「指」でのメイク直しをお試しくださいね (*’▽’)!

 

*ゼノアの崩れにくいサンスクリーンファンデーション

「ゼノア サンスクリーンファンデーション」こちら

 

*気になる部分をしっかりカバー

「ゼノア カバーファンデーション」こちら

 

*ファンデーションの後の自然な仕上がり

「ゼノア フェイシャルパウダー」こちら

 

 

 

あわせて読みたい