肌に優しい基本のメイク落とし

 

角質層には、『バリア機能』という、

あらゆる物質の侵入を防ぐシステムがあります。

 

例えるなら、薄い「油紙」で覆われているような状態。

 

若い方の肌は、「よく水を弾く」と言われますが、

これは「油紙」で覆われた角質層が、健やかな状態だからです。

 

本来、『バリア機能』というシステムがあるおかげで、

肌から栄養を補給するというのは、難しいはずなんですね。

 

しかし、化粧水や美容液などを肌に浸透させて、

栄養を補給するという化粧品は、巷に溢れています★

 

では、どうしたら、肌の中に浸透するのでしょうか?

 

これには、「合成界面活性剤」の働きが関係しています。

 

実際、肌の内部に浸透させることは、できるかもしれません。

 

ですが、それは同時に角質層を傷めてしまうことでもあり、

バリア機能が働かなくなることさえ、ありえるのです。

 

そうすると、生まれ持った肌の機能が低下してしまい、

いわゆる「弱肌」になってしまうのです ( >_< )!!

 

肌のバリア機能を壊さないためには、

まず、「基本のメイク落とし」を身に着けてください!

 

メイク汚れや古くなった皮脂汚れは、「油汚れ」です。

 

オリーブオイルやココナッツオイルなどの油が、

肌にいいと言われていますが、

 

こういった「単一の油」では、

どうしても、メイク汚れを溶かす力は弱いです。

 

しっかりしたメイクも、肌のために優しく、

きちんと落とせるように作られているのが、

ゼノアの『コールドクリーム』

メイク汚れは、浮かして、ふき取って、落とします!

 

本当に、しっかりメイクも、

肌に優しく、落とすことができるのか?

 

ぜひ、この「コールドクリーム」で、

体感してみてくださいね  (*’▽’)♪

 

*「油汚れは油で落とす」ゼノアこだわりのクレンジング!

「ゼノア コールドクリーム」はこちら

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

あわせて読みたい