ノンケミカルなクリームファンデーションが欲しい!

今日も【ゼノア 公式ブログ】を読んでくださりありがとうございます!

 

ゼノア ビューティアドバイザーの湯本です。

 

化粧品の広告などで「ノンケミカル」という言葉を目にしたことはありませんか?

 

「ケミカル=化学物質」に対して、
ノンケミカルは化学物質が使われていないというイメージがあるからか、
ノンケミカルを謳っている商品は安全、というイメージを持たれる方も少なくありません。

 

それと同じようなイメージで、「ミネラルファンデーション」というと
こちらも「肌に優しいファンデーション」と位置付けて多くのメーカーから販売されています。

 

ゼノアさんのファンデーションはノンケミカル(ミネラルファンデ)ですか?

とご質問をいただくことがありますが

ノンケミカルではありません。ケミカルです。

 

そもそもケミカルの意味として捉えている化学物質という意味自体、
曖昧になってるのではないかと思いますので、ご説明します。

 

化学物質(ケミカル)の意味を調べると

人工的、あるいは工業的に合成した物質。天然物に対する概念として用いられる。
…と出てきます。
(広辞苑は、この意味の存在に言及した上で「元々このような意味はない」と指摘しているそうですが(^_^;))

 

人工的、工業的に合成した物質で作られた化粧品がケミカルとされるのであれば

おそらく市場にあるほとんどの化粧品がケミカルです。

 

なぜなら、化粧品の原料は全て人工的、工業的に合成された物質を使っているからです。

この真実を知って驚愕される方もいるかと思いますが、事実です。

ですから、ノンケミカルというのは化粧品においてあり得ないのです。

 

何をもってノンケミカルなのかがさっぱりわかりません。
なので皆さんは、ノンケミカルの化粧品が存在しないことをこのブログで学んでください。

 

さて、もう一方の「ミネラル」に関して言えば、
こちらも多くのメーカーが使用しているので、あえてミネラルと謳うのもどうかと思います。

 

酸化チタンや酸化鉄、酸化亜鉛、タルク、マイカなどがミネラルと言われています。
それらを使用すれば肌にやさしいというわけではありません。

 

ファンデーションで使用するのであれば、肌に長時間のせた時に、

なるべく肌に負担がかからない処方になっているかが重要です!

それは粒子の大きさだったり、形状だったり、
他にもさまざまな工夫で肌への負担を減らすことができます。

 

ただ単に、ミネラルを使っているからお肌にやさしいですよ!という宣伝ではなく、

肌に負担がかからないためにこれだけこだわっています

というようなメーカーのものが、信頼できるのではないでしょうか?

 

もちろん、ゼノアのファンデーションもそのこだわりはあります。

実際に使用してみたり、口コミを見たりするとわかりますが、
本当に肌につけている感じがしない程、圧迫感も肌の疲れも感じません。

 

 

ゼノアで一番売れているファンデーションは、
クリームファンデーションのサンスクリーンファンデーションです。

このファンデーション肌に負担をかけずに、
紫外線をカットし、乾燥も防いでくれます!!

薄く丁寧にのばすことで、肌に透明感も出て肌がとてもきれいにみえます。

ノンケミカルではないですが、

5年後・10年後、その後の美しい肌を考えて、
肌負担の少ないミネラルファンデーションです。

 

このサンスクリーンファンデーションも何十年と続くロングセラー商品です。

 

これだけ愛されている商品は、なかなか無いのではないでしょうか。

ぜひ使って、つけ心地の軽さを体感してみてください!

 

ゼノア サンスクリーンファンデーション

 

あわせて読みたい