クレンジングが混合肌の原因!?

 

「頬などの顔の外側は乾燥しているのに、Tゾーンがやけに油っぽい」

 

これが「混合肌」といわれる状態ですが、

そもそも、顔には皮脂分泌の多いところと少ないところがあるので、

実は、もともと皆さんの肌は「混合肌なんです。

 

し・か・し・・・。

 

混合肌と言っても、皮脂分泌に大きく差が出てしまうというのは

「乾燥肌」のサインです!!

 

混合肌と思っている人のほとんどは、乾燥肌による混合肌なのです。

 

乾燥肌は、お肌を守る皮脂が足りない状態。

 

その乾燥した状態を必死で打破しようと、皮脂が分泌されます

 

皮脂腺(皮脂が出るところ)がたくさんあるTゾーンは、

当然、皮脂もたくさん分泌されます。

 

でも、もともと皮脂腺(皮脂が出るところ)が少ない部分は、

なかなか皮脂も溜まらない。

 

そうすると、皮脂の分泌量に『大きな差』が出て、

混合肌の状態になってしまうのです☆

 

この混合肌をなくすためには、まずは乾燥を防ぐこと。

そして、皮脂を取り過ぎないことが一番大切です!

 

簡単に汚れを洗い流すクレンジングは、皮脂も取り過ぎてしまうので、

混合肌をつくる原因に!?

 

もし、混合肌に悩んでいる方がいたら、

ぜひ!洗い流さないクレンジングに変えてみてくださいね(^-^)。

 

ゼノアのコールドクリームは、汚れをしっかり落とすだけでなく、

あなたの肌を乾燥させない自信アリです★

 

洗い流さないクレンジングで肌を乾燥から守る

「ゼノア コールドクリームクラシック」はこちら

 

 

あわせて読みたい