びがんこはこう使う!!『使い方事例』をご紹介!

 

今日も【ゼノア 公式ブログ】を読んでくださりありがとうございます!

 

 

みなさんは、

「びがんこ」

を使ったことがありますか??

使ったことがない方は、

名前だけ聞いても、どんな化粧品か想像がつかないと思います。

 

「びがんこ」というのは『泡が立たない洗顔料』で、

主に「粘土の力」で古い角質や汚れを吸着して落とします

 

感触はジェルに近く、やわらかいペースト状です。

 

 

嬉しい低刺激で、

洗い上がりもツルツルして、つっぱりにくいのが特長です!

 

そんな「びがんこ」ですが、

 

「泡も立たないし、洗い上がりがツルツルなので、

いつまで流せばいいかわからない」

 

という方がいらっしゃいますので、

今回のブログでは「びがんこ」の使い方をお伝えいたします!!

 

まず、お顔を水で軽く濡らしてから、

びがんこチューブから3~4センチほど手のひらに出します。

手のひらに軽く広げたらお顔に、びがんこをなじませます。

 

手のひらに広げ過ぎると、

びがんこが溶けるようにどこかに消えてしまうので、

手のひらでは広げすぎないようにしてください。

 

お顔にびがんこをなじませるのは『約30秒』くらいです。

 

おでこ、小鼻、あご先などお顔の中心は、

汚れが溜まりやすい場所なので、

びがんこをしっかりとなじませてくださいね!

 

なじませたら、流すのですが、

この時「お水」で流すことをおすすめ致します!

 

お水の方が、粘土がスパッと皮膚から離れるので、

さっぱりなのに、しっとりした洗い上がりになります。

 

お湯の場合ですと、

なんとなく粘土が肌に残っているような感覚になりやすいです。

 

そのため、「いつまで流していいのかわからない」

というお声に、繋がっているのではないかと思います。

 

ですから、「びがんこ」は、

できれば「お水」で洗い流して頂くといいと思います!

 

最後に、びがんこは洗顔料ですが、大容量なので、

首やデコルテ、ひじやひざなど、

「角質が溜まりやすいところ」でも洗ったりしています!

 

これから半袖になる季節、

見えるところの素肌もキレイに保ちたいですよね!!

 

私は「びがんこ」、手放せません(*^^*)!

 

*さっぱりなのに、しっとりした洗い上がりに!

「ゼノア びがんこ」はこちら

 

 

 

あわせて読みたい