メイク落としはオイルフリーで本当にいいの?

今日も【ゼノア 公式ブログ】を読んでくださりありがとうございます!

 

ゼノア ビューティアドバイザーの湯本です。

 

今日は、メイク落としに使うクレンジングの話です。

みなさんは、「オイルクレンジングは良くない」のような情報を
どこかで聞いたことはありませんか?

 

ゼノアではもちろん、オイルクレンジングをおすすめしてないのですが、

そのおすすめでいない理由としては、「洗浄力の強さ」です。

 

洗浄力の強さというのは汚れ落ちが抜群で一見、良いように聞こえます。

 

汚れだけを落とすならいいのですが、
肌のうるおいを守る皮脂根こそぎ落とされてしまうことに問題があるのです。

 

だからといって、オイルの入っていないクリームやミルククレンジングを
使えばいいかというとそうではありません。

 

皮脂を根こそぎ落としているのは「オイル」ではなく
合成界面活性剤」だからです。

 

その「合成界面活性剤」が使われてるのは「オイルクレンジング」だけではありません。

 

クリームにもミルクにも水で洗い流せるクレンジングには、
ほぼ100%合成界面活性剤が配合されています。(クレンジングシートも同様)

 

合成界面活性剤はクレンジングの主成分で、油と水を混ぜて流すことができます。

合成界面活性剤はわかりやすく言うと洗剤と同じです。

 

食器に例えるとわかりやすいのですが、食べ終わった油ギトギトのお皿を、
洗剤をつけたスポンジでこすって水で洗い流せば汚れが落ちますよね?

 

メイクや皮脂は「油」を含んでいる肌の汚れです。
それを合成界面活性剤で馴染ませて、水に流して落としている構造になっています。

冒頭にお伝えしたように、汚れだけを落とすならいいのですが、
合成界面活性剤で洗うと、肌のうるおいを守る皮脂が根こそぎ取られてしまうことに
問題があるのです。

 

どういう問題かというと

 

皮脂が取られると肌が「乾燥」します。それが繰り返されると「肌荒れ」につながります。
肌荒れが続くと外部刺激に弱い「敏感肌」になります。

 

こうして肌自体が弱ってしまい、アレルギーを起こしやすくしたり、
シミやシワなどの肌の老化にも繋がりやすくなるのです。

 

こういった悪循環を生む肌になりたいでしょうか?

 

そうではないはずです。
みなさんは綺麗になりたくてお化粧したり、スキンケアしたりしているのだと思います。

 

何も知らなければ、今せっせとやっている美容法もまったくの無駄になってしまうのです。

 

まずは、このブログを通して美容の正しい知識を身につけて欲しいと思います。

 

メイク落としにオイルフリーのクレンジングを使うのではなく、
合成界面活性剤フリーのクレンジングを使うのが正解です。

 

ゼノアでは一貫して、
クレンジングに合成界面活性剤は使用しておりません。

 

肌の健康を守ることが、美しい肌につながります。

 

肌の健康を守るためには合成界面活性剤フリーのクレンジングをお使いください。

 

ゼノア 合成界面活性剤フリーのクレンジング
コールドクリームクラシック

 

あわせて読みたい